自分好みのインテリアを購入するときのコツ

LED照明に変えると暮らしが変わる

日曜大工をする

現状回復出来るDIY方法とは

今、流行のDIYで、家をリフォームしたいけど、賃貸だから出来ない。そう思われてる方が多くいらっしゃると思います。 そのような方に朗報です。 最近では、原状回復できるDIYがあるんですよ。原状回復出来るDIY方法についてお話ししたいと思います。 今回は、壁のリフォームの仕方です。壁に何かを取り付ける場合、穴を開けますよね。穴を開けると退去の際に、復旧費用を取られます。 では、どうやって壁のリフォームを行うか。その方法は、穴を開ける部分をカッターで切れ目を入れて半分剥がします。その剥がした部分に穴を開けるのです。 退去する際には、半分剥がしていた壁紙をのりを使用して綺麗に貼り付けます。こうすることで、壁紙には穴が開いていませんので、復旧費用は取られないのです。ですが、復旧を綺麗に行う事が大前提です。復旧が汚いと結局費用がかかってしまいますので、丁寧に行う事が大切です。

賃貸リフォームにはディアウォールがお勧めです

次に紹介するDIY方法は、壁に穴を開けない方法です。ディアウォールと呼ばれる資材を使用します。 ディアウォールは、市販のツーバイフォー木材に装着する部品で、突っ張り棒の素となる部品です。先程の木材に、ディアウォールを装着して、天井と床に突っ張らせます。 これらを、2本から3本突っ張らせる事で、壁に穴を開けずに棚を作る事が可能となります。このディアウォールに装着した木材に穴を開けて、作りますので賃貸住宅でも安心してDIY出来ますよ。 棚の他には、玄関の傘置きや靴置きにしたり、子供部屋の帽子や鞄掛け等にも利用出来ます。 このように、家庭の状況に合わせて、多種多様に作る事が出来ますので、賃貸でリフォームされたい方は、是非ディアウォールを使用してみてください。

Copyright (c) 2015 自分好みのインテリアを購入するときのコツ all reserved.